パチスロ壱千萬

当時の思い出話、最近の稼働、妻の名言なんかのんびり書いていきます。

4号機時代

友人Eの代打ちでホールデビューをしたピーマン。


その後、友人Eにスロットで勝てる理由を聞いた。









友人Eはただで教えてはくれない。条件付きでなら理由を教えてくれると提案してきた。

















その条件とは…
















(ドキドキ)






















自分たちが打っているホールでは打たないこと。



金銭の要求とか、何割バックだとかそんなセコいことは言う友人では無いですよ(^_^;)





もちろん、そんな簡単な条件なら問題なし。すぐさま教えてもらうことに。



友人Eは、友人Fと二人で組んでスロットで稼いでいた。


そのやり方とは、






















ゾーン狙い。

















そして天井狙い。





今だからこそこの立ち回りは雑誌やネットなどで当たり前に書かれている。

まぁ当時もやってる人はやっていたが、今ほど蔓延していなかった。



今もよく聞く言葉だが、今と昔では次元が違いすぎる。




簡単に言ってしまえば、今はリセット台を探して打って、期待値1000円、良くて2000円。

天井狙いで期待値1500円。リセットされていても1000円はあるから攻めることができる。

お宝台を発見!天井狙いで期待値4000円。

ざっとまぁこんな感じ。


昔はリセット台を打つだけで期待値5000円。ゾーン狙い、天井狙いで3000円クラスなんて当たり前。お宝台なんて期待値10000円超える場合もあれば、投資2、3000円で天井の台が落ちてたり。しかも天井からの期待値は今以上。

さらには、そう言う台を今なら頑張って探して打たないといけないのに、当時はゴロゴロ。

ふらっとホールに入ってぐるっと一周。ホールにもよるけど、稼働のあるホールならだいたい良台が落ちてる。

と言うか、今より遊技人口もかなり多いし、現在のような規制も無かった。


どの台も瞬発力があったから、負けてる人でも出てるように見える。


遊技人口が多いということは店にそれだけ金が入る。


今のパチンコ店は1日当たり客が100万突っ込み、90万出す。こんな感じ。

規模にもよるし、経費など諸々あるので実際には複雑だけど簡単に説明させてもらいます。


それに比べて昔のホールは客が500万突っ込み、400万出す。還元率で言えば今は90%、昔は80%。しかし、出玉で、言えば90万と400万。

店内の活気、盛り上がりは一目瞭然。




まぁ色々と雑な数字にはなってるけど、分かりやすくするとこう。

そして、この頃の台は4号機と呼ばれる。さらに言うと4号機後期。ちなみに現在は5号機から6号機に移行しようとしています。






そんな時代に友人から教わった立ち回り。


次回は具体的に何を打っていったのか書いていきます。お楽しみに。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。