パチスロ壱千萬

当時の思い出話、最近の稼働、妻の名言なんかのんびり書いていきます。

ホールデビュー戦

昨日は文章作ってたのに、保存せずに消滅してしまってました😨


とりあえずスロットを始めるきっかけになった続き、ホールデビュー編書いていきます。




100円のスロットに手を出すようになって、ある程度知識も増えてきたけど、攻略っていうスタンスではないピーマン。

いつもの様に大学の授業中に友人Eとスロットの話をしていた。


ピーマン「勝ってるの?」

友人E「勝ってるよ」

ピーマン「どうやって?」

友人E「負けない立ち回りしてるから」


立ち回り??当時、初めて聞いた言葉。


しかも負けない訳無いじゃないかという疑問。






ちなみに余談だが、この時のピーマン、北斗の拳しかほとんど打ったことがありません。


その後その友人Eが打ちに行く日に誘われたのだが、行かないと決めていた自分が興味を持つようになって、ドキドキする感覚になっていた。


ここで加えておくと、決してギャンブルに溺れてそういう感覚になってる、勝つことしか頭に無くて有頂天になっている、そういったドキドキでは無い。

楽しいスロットを本物が打てる、しかし、負けるのが怖い。そんなドキドキ。


だから必然と友人Eにも質問が飛ぶ。

ピーマン「どれくらい負ける?」

友人E「それはわからん」


まぁ当然の答え。そりゃ、千円しか使わなければ千円しか負けない。出ないのに突っ込めば10万だって負けることはある。

しかも友人からしたら、勝手なことは言えない。適当なことを言って、後々面倒になるのも避けたいのが普通。




質問を変えてみた。



どれくらいあれば勝負できるのか?





友人E「二万円あれば…」






まぁピーマンも、全く分からないところに行くのだから、しかも、怖い。

今思えばそんな心情だったから、ただ参考に聞きたかったんだと思う。






そしてこの流れ、もう行く方向で気持ちが動いてます。








おいおい、最初は一万円の貸し借りを見て怖じ気付いていたのに、今やドキドキかよ。

この時、金銭感覚が狂ってる訳では無かった。


バイトで貯めた貯金もあって、100円スロットに費やす金額も1ヶ月で見たらそれなりになっていた。友人Eも、そんなに使うなら普通に打てば良いのにという、考えから誘ってくれた。










そして、デビュー当日…






二万円を財布に忍ばせドキドキワクワクしながら家を出るピーマン。






















ホールデビュー編前半終了。





次回、後半へ続く。



勝手に前後半作ってすみません。

とりあえずブログ初心者なんで、続けることに意味がある!


自分にそう言い聞かせて、三日坊主にならないように頑張るので多目に見てやって下さい。。。。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。