パチスロ壱千萬

当時の思い出話、最近の稼働、妻の名言なんかのんびり書いていきます。

5号機初期時代の名機

今回は5号機初期?中期?


RTやらARTやらが流行りだした時代のお話。



あの頃は今と比べてかなり勝ちやすかった。


そんな中から一機種の思い出話を。









時代は4号機から5号機に移行した。


遊戯者、業界が一番ネックに思ったのはボーナスのストックが禁止になったことだろう。


ボーナスのストック、つまり、即連チャンしたり、ボーナスに期待できる天国モードなるものは完全に排除されてしまった。




ボーナス確率は常に一定でなければならない。

ボーナスは1つしかストックできない。


これが5号機突入して一番の変化。この影響で遊戯人口はかなり減ったであろう。



正直その時代に打っていた人は分かると思うが、かなりつまらないものになると、みんなが考えた。



そんな中メーカーが考え出したのは、ボーナス後にメダルを減らさない、むしろ微増させて次のボーナスに繋げる可能性のあるRTを世に送り出す。

分かりやすく例えるとパチンコで言う時短が付いたようなイメージ。


代表格はスパイダーマンやリンかけ。








そして、その後に登場した無限RT、そしてメダルを微増でなく、増やしていく無限ART。

今回の思い出話はそんな機種の中から紹介します。




ある台が登場する。





その機種とは…































なんだと思います?




















初めて世に広めたのは戦国無双ではないでしょうか?


斬新なシステムを取り入れ、打ち手の選んだキャラクターによって出玉性能の違うARTを選べると。


まさに一世を風靡した機種じゃないでしょうか?





そう、そんな戦国無双、





















よりもずっと前に無限を取り入れた迷機、








それこそが、














バトルリーガーX!!


記憶は定かでは無いですが、野球ボールをモチーフにした?タマが主役の機種。



そして、当時としては画期的な周期CZもありました。



概要を述べると、ボーナスまで続く無限RTとボーナスを絡めて出玉を伸ばす。


RTは無限のみ。CZで成功するか失敗するかの勝負。

しかも周期でも訪れるので成功率はそこまで高くない。

設定差はあるが、10%前後。


このCZの突入きっかけが、

BIG後、REG後、周期、設定変更時の4つ。


BIG後CZのみ成功率は15%にアップ。



今思うにシステムだけ見たら画期的かつ、斬新なアイディアで、かなり秀逸だと思う。


しかし、なんとなく分かりにくい。タマが主役って…


そんなに荒れる機種でもなけりゃ、出玉性能が高いわけでもない。なんというか、詰めが甘いというか、SANKYOから出た台なんですが、SANKYOっぽい台でした。



だから人気もなく、マイホのバトルリーガーは10台通路になってました。





しかし、このバトルリーガー!!



毎日全リセなんです!





と言うより当時のマイホは全機種リセしてくれてました。


だからかなり喰えたホールでした。




でもまだ確か、ジャイアントパルサー、主役はゼニガタなどがあった時期だと記憶してます。


そんな意味の分からない5号機は打つ人いないんですよね。





大学の帰りに昼過ぎからカニ歩いて無限ゲット。


長くなりましたが、そんな記憶に残った機種の紹介でした。



正直めちゃくちゃ勝てた訳ではないです。


実質、低投資で引っ掛かればボーナスゲット。


超ローリスク、ローリターンなそんな小遣い稼ぎの思い出でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。